忍者ブログ
  • 2017.01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • » 2017.03
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/02/26 00:50 】 |
“勉強”は試験合格に必要か?

 必要ありません。

 あらゆる試験は、その試験の
過去問を“完璧”に解けるようになれば、合格できるからです。
 そして、過去問は、適切な分析・解き方に基づいて何回か
繰り返し解けば、誰でも“完璧”に解けるようになるからです。
 
 学校では、教科書に沿って、コツコツと基礎から始まって徐々に応用的なところまで知識を積み重ねていく、いわゆる“勉強”をした上で、テストを受けたと思います。
 が、
学校のテストは、日々の“勉強”の達成度を測るためのものです。
 ですから、“勉強”をした後にテストを受ける、という形は必然です。
 
 他方、入試や資格試験等の
選抜試験は、出題者が欲しい人材を選ぶためのものです。
 学校のテストとは、少なくとも目的において、根本的に異なります。
 ですから、“勉強”の後に試験問題を解く、という形は必然ではない!
 学校教育に洗脳されてはいけません。
 
 出題者が欲しい人材を選ぶための選抜試験に合格するためには、
出題者が欲しい人材とはどのようなものなのかを把握する
・その人材に
なりきる
ことが必要です。

 そうすると、
・出題者が欲しい人材像が端的に表現されている過去問を分析する
・過去問を繰り返し解いてその人材になりきる
ことが、最も効率的かつ確実な対策となるわけです。

 “勉強”ばかりして合格する受験生も稀にいるかもしれませんが、それは偶然、その受験生が、出題者の欲しい人材と重なったからです。
 目隠しをして矢を放ったら、たまたま的に当たったようなものと言わざるを得ません(それでも、勝てば官軍ですが)。

 皆さんには、的を、目を見開いて正面から見据え、ど真ん前、至近距離から、確実に射抜いてほしいと思います。

PR
【2009/05/31 03:27 】 | 試験一般の方法論 | 有り難いご意見(2) | トラックバック(0)
<<「受験対策は“社会に出て”から役に立たない」か? | ホーム | “4段階アルゴリズム”とは>>
有り難いご意見
無題
なるほど!
欲しい人材の「把握」と「なりきり」はかなり難しそうです。
過去問を繰り返し解けば見えてくるでしょうか?
【2009/05/31 18:29】| | K #294e2b3911 [ 編集 ]
Kさんへ
 ええ、過去問を繰り返し解けば、出題者の欲しい人材もなんとなく見えてくるはずです。

 ただ、私のような受験指導の講師になる気がない限り、そこまで分析する必要はありません。
 過去問を“完璧”に解けるようになることこそが、欲しい人材の「把握」と「なりきり」そのものなので。

 少なくとも私のクラスでは、過去問の分析は、私に任せていただければ大丈夫です。業界最高水準と自負する分析をお届けしていますから。
 講義で扱わなかった過去問でも、質問してくれれば喜んで分析しますよ。

 その代わり、皆さんには、とにかく過去問を繰り返し解くことに集中してほしいのです。
【2009/06/11 01:43】


無題
目からウロコです!

なりきりのための演習だと考えれば、問題を解くことも楽しくなってきそうです(^^)
【2009/06/04 10:24】| | Y.S #5484d89ff2 [ 編集 ]
Y.Sさんへ
 なりきりのための演習と考えて、問題を解くことを楽しもうとする姿勢が素晴らしい!
 最初は問題が解けず、きついのが当たり前。最初から問題が解ける方が“異常”で、繰り返し解くうちに、誰でもどんどん「出題者の欲しい人材になりきって」解けるようになってきます。
 逆に、繰り返し解かないと、いつまで経っても解けるようになりません。
 ですから、最初のきつさを乗り切ることが非常に重要で、そのために利用できることは何でも利用してください。
 私の記事がその一助になったのであれば、とてもうれしいです!
【2009/06/11 01:43】


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]